2013年5月20日

関西コミティア42

終わりました。無事に豆本を予定通りに作成できて参加してきました。
『町猫』 10冊(12冊作るも1冊は見本誌に、1冊は手元の見本に)
『旅猫』 5冊(6冊作るも1冊は見本誌に)
『旅猫R』 2冊(3冊作るも1冊は見本誌に)

 新刊?の『旅猫R』は開始40分で無くなりました。2冊ということは手元の見本まで売れちゃったのです。そのあともちょこちょこと人が来られて、最終的に上記豆本が7冊(町猫4冊、旅猫1冊、旅猫R2冊)売れました。あ、あとこっそり持っていった『さんどまめ』も2冊出てびっくり。
 今回『町猫』、『旅猫』、『旅猫R』を1,000円という価格にしての7冊という実績にびっくりしたのと同時に、欲しいと思ってもらえるだけのものを作ればいいんだと実感しました。
 確かに「高いからいいです」という人もいらっしゃいましたが、原価割ってまでの配布はもうそろそろ止めようと考えていたので、ちょうどいい機会なのです。この辺りは次回ペーパー代わりの小冊子で書こうかな。「真面目なお金の話(笑)」とかタイトルで。


 今回の参加サークル数が今回約900らしく、この調子で増えると位階は抽選になるかも知れないそうです。書類不備で落とされないようにしなきゃ。ただ、そうなると欠席サークルが出る事態にも対処してもらわなきゃ駄目なのでしょうね。抽選で落ちたのに行ってみると空きスペースがあったなんて、悔しくてやってられないもの。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://hk-club.net/mt/mt-tb.cgi/217

コメントする